学校でまさかのイジメにあう

アダルトチルドレン
カエルの子
カエルの子

ご覧いただきありがとうございます。

小学生の高学年になると、反抗するかのように少し眉毛が細くした。
その頃になると友達とも距離を放し、1人で過ごす事が多くなっていった。

少し目立つ隣のクラスだった女子たちと同じクラスになった。

家で散々なカエルの子はこの頃、少しふて腐れていた。


内心はとても辛い思いをしていた。

だけど、それを出さないように友達の輪からもすり抜けて、1人で過ごしたかった。

その、少し目立つ女子たちは、そんな私を気に食わない様子だ。


『あいつ、眉毛剃ってるよね。』


少し目立つ女子の1人が私に聞こえるように言う。


『私、あいつ嫌い』


またもう1人が言った。


(きっと私の事だろうな…)と思い、私はその場から去りました。

カエルの子
カエルの子

どうやら、私は目立つ女子たちに目をつけられている様子でした。

だけど私はそんな事は気にしなかった。


ある日、放課の時間トイレへ行った。
トイレの個室に入ると、外からヒソヒソ話が聞こえ、クスクスと笑う声が聞こえた。

すると…、私の頭上から水が降ってきた。


『冷たっ!』


バケツのを落とす音と共に笑い声が聞こえ、走り去っていく足音だけが聞こえた。

私は一瞬、理解出来なかった。

だけど、あの笑い声…


(一緒のクラスになった、あの女子たちだ)


その瞬間に怒りが爆発し、私は廊下を走っていた。

そして、その女子1人を見つけた。

私は怒りのあまり、その女子の胸ぐらを掴み


『おい、お前何した?』

と、声を震わし尋ねた。


『私じゃないよ!』


予想的中。


『じゃあ誰だ?一緒にこい!』


引きずるように連れて行き、犯人探ししました。
同じクラスになった茶髪の女子の指令だった。


『冗談だよ。ごめん!ごめん!』


あまりに私が怒っていたので
驚いた様子。


(兄にもいじめられてきて、学校でイジメにあうなんてごめんだ!)


そんな思いでいっぱいでした。


『次やったら、絶対に許さないから』


その一言を言い、私はその場から去りました。

私はこの日、とても辛かった。

家も…学校も…

居場所なんて何処にも無い様な…そんな気がしてしまいました。

応援お願いします!
1+

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

アダルトチルドレン
スポンサーリンク
カエルの子をフォローする
『蛙の子は蛙』を『変える』

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました