母親の好きな人

アダルトチルドレン
カエルの子
カエルの子

ご覧いただきありがとうございます。

わたしの両親は共働きでした。

母はお昼になるとクリーニング屋のパートへ行き、夜はパチンコ屋で閉店時の掃除スタッフとして働いていた。

母は仕事がとても好きらしく、いつもイキイキしていた。

仕事ばかりで少し寂しかったけど、私は仕事を頑張る姿の母がとても好きでした。


仕事仲間とも、とても良好な仲でした。

パチンコ屋での仕事で、母は『リーダー』を務めていた。

週末はいつも仕事終わりに仲間たちとミーティングをするので帰りが遅かった。

カエルの子
カエルの子

仕事を頑張る母親の事を、とても誇りに思っていました。


帰りは夜中になるので、仕事の仲間に車で送迎してもらう事が多かった。
特に、その送迎をしてくれる『男性』と仲が良かった。

仕事の相談はその人に頼る事が多かったようで、ミーティング以外にも会っていました。


自宅まで母を迎えに来るのですが、その日の母はとても嬉しそうな顔をしていたのでした。


ある日、父と母がまた夜中に口論になっていたのです。


『コソコソと会っている、あの男は誰だ?』


父が母に問いかけていた。


『仕事の仲間よ。ミーティングで送ってもらっているだけよ。』


だけど…その男性からの電話が来るたびに、母はとても楽しそうに会話をしている様に見えたので、父は気になって仕方がない様子でした。


ある日…両親がいつものように口論をしているとき、父がついに聞きました。


『その男が好きなのか?』


すると、母は


『貴方よりは素敵な人よ』


と、答えていました。


この日、父はまた深酒をした。


私も気になり翌日に


『お母さんって、いつも送迎してくれる人が好きなの?』


と、恐るおそる聞いてみた。


すると…母は、


そうね。でもあちらも既婚者だしね。』

と言い、少し微笑んでいた…。


私は母が遠くへ行ってしまうのではないか。と、少し怖くなり、それ以上は何も聞くことができませんでした。

応援お願いします!
0

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

アダルトチルドレン
スポンサーリンク
カエルの子をフォローする
『蛙の子は蛙』を『変える』

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました