母親とよく行った銭湯の思い出

アダルトチルドレン
カエルの子
カエルの子

ご覧いただきありがとうございます。

私の母は、銭湯がとても好きな人でした。

週に一度は、必ず連れて行ってくれました。
よく行く銭湯があって、そこの銭湯では常連の人たちは皆、私を知っています。

私が赤ちゃんの頃から、母が一緒に連れて行き可愛がってくれていました。


母が私を連れてお風呂に入る姿を見て、

『抱っこしておくから、身体を洗いなさい』

と言い、世話をしてくれたそうです。
その時から、常連さんたちは私に良くしてくれていました。


時にはジュースを買って飲ませてくれたり、お菓子をくれたりと、みんなとても優しい人達でした。

銭湯へ一緒に行くとき、母はとても機嫌が良く一度も私に怒った事がありませんでした。

カエルの子
カエルの子

母と2人で出かけた時は、怒られた記憶があまりありません。

2人の時は、母はとても優しいのです。

父親といる時の母はとても機嫌が悪いし、兄といる時はすごく厳しい人になります。

でも、2人の時はとても優しい母になります。


家族がいる時は、優しい母が見たくて、私はいつも、母に気を使います。

家事を手伝ってみたり、買い物へついていき荷物を持ってあげたり、
肩を揉んであげたり、料理を作ったり…


色々な事をやって、母を振り向かせたかったのです。

母はいつも、何かと大変そうな感じがしました。

兄は、言うことを聞かず
父は、寝てばかり

なので父と兄が家に居る時は、特に機嫌が悪かったのを覚えています。


母は土曜日の夜、いつも私を銭湯へ連れて行ってくれます。
お風呂の準備をする時は、浮かれた気分になるほどです。

銭湯へ向かう時の母はとても笑顔です。

『いつまでもその笑顔が続いてくれたらいいな』
と、私は子供ながらいつも思っていました。


だから、銭湯へ行く日は特別な日でした。

応援お願いします!
3+

この記事が気に入ったら
「いいねボタン」を!

ブログランキング・にほんブログ村へ

PVアクセスランキング にほんブログ村

アダルトチルドレン
スポンサーリンク
カエルの子をフォローする
『蛙の子は蛙』を『変える』

コメント

スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました